ベジ日記
アクセスカウンター



プロフィール

bejita

Author:bejita
めでたやな



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



仕事
仕事
生きていくために必要なものだけど
どういう意識で臨むかはそれこそ色々な解釈が持てる
簡単な仕事でも難しい仕事でも
ただ毎日疲れてストレスを溜めてやるばかりではない
同じ事でも常に多面性があって
楽しくやるのも、厳格にやるのも、楽してやるのも、苦しんでやるのも
人それぞれ長所も短所も、そのどちらでもない事もたくさんあるはずだ。


以前友人と転職の話をしたことがあった
その友人はもともとは同じ仕事をしていて、職替えをして転職を繰り返す内に自信を失ってしまったようだった。
元々出来るタイプとは言えず、根拠のない自信だったのだが、飲みに行ったときだったか
ふとソイツが、自分に向いてる仕事ってなんだろうと言った。
お前に向いてる仕事なんて一生無いわ。お前が頑張れる仕事じゃないと意味ないやろう。
例え仕事のランクを落としたとしても性に合っていれば誰かが必要な仕事なんやから僕はそれは変な事ではないと思う。
と同期なのに何様なのかバッサリ切り捨てた事があった。
しかしそいつは次の日には忘れるようなやつなので、自分の今思うと恥ずかしい熱弁もすっかり忘れてしまった事だろう。
そういう意味ではそいつには色々救われてきた。


お寺の住職さんと話していた時そういう話題が出た事があった。
住職さんは今まで数々の職を転々としてきたらしく、そのおかげで色々出来ることも多い
きっかけは漠然とした理由から、怒ってその日に辞めたり様々だ。
しかし、(もちろんだが)お寺はずっと続いている。
色々と転々としてもいつかはどこかで自分の収まる場所が見つかる。
だからそれはそれで良いことだと言う。

人には頑張れる仕事が良いと言ったけれど
頑張れる仕事が何か分からない人に言ってもしかたがないといえばそれまでだ。
自分に出来る範囲で愚直に続けてみるのがいいと、どことなく思っていたが
その考えをバッサリ切り捨てられる形となった。


そして別の友人ともそんな話になった。
その友人もしばらく職を転々としている。
自分がする面倒くさい話も嫌な顔せずに真面目に会話してくれる数少ない友人なのだが
職を転々とする事と、この先の事をどうすべきか少し悩んでいるようだった。
上記の友人と住職さんの話を少しだけ話した上で、自分の言葉ではそいつに言えることは多くなかった。
結局ずっと会話していても結論は出なかったのだ。

人それぞれ
しかし少なくとも彼は自分で何とかしようと思っている。
もう前向きな話も時間も進んでいる。
良い結果が出ることを願うばかりである。

スポンサーサイト


コメント

こんばんは。(*^_^*)

男性は、大変ですね。
女は、結婚だとか、出産、育児と逃げ場所は、たくさんあります。
仕事を辞めたくなったら、理由は、それらで事足りますから。

男性は、そうもいかない…
家族が居るなら、なおさらのこと。

やりがい、生きがいのある仕事に出会えるのが一番なのですが、いま仕事をしている人で、それを感じている人は、いったいどれくらいいるのでしょうか?
何かしら、どこか不満を持ちながら仕事を続けている人の方が多いような気がします。

若いなら、自分に合う仕事を見つけるまで探してみるのもいいことだと思います。
イヤイヤ仕事をしても、きっと続かない…
そうこうしているうちに、収まるところへ収まるものなのです。
世の中、そんなふうに出来ているのですよ。
きっとね。(*^_^*)
 
[2018/05/07 00:21] URL | 咲希 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> こんばんは。(*^_^*)
こんばんは咲希さん


> 男性は、大変ですね。
> 女は、結婚だとか、出産、育児と逃げ場所は、たくさんあります。
> 仕事を辞めたくなったら、理由は、それらで事足りますから。

いえいえ
男の方も時には自分勝手なもんです


> やりがい、生きがいのある仕事に出会えるのが一番なのですが、いま仕事をしている人で、それを感じている人は、いったいどれくらいいるのでしょうか?
> 何かしら、どこか不満を持ちながら仕事を続けている人の方が多いような気がします。

そうですね
自分を含めてほぼいないと思います。

全人類が全て理想的な環境で仕事をしようと思うと
その人の能力値から人間性まで数値化して計算された職場に派遣して
一人一人の脳の情報を遠隔操作するシステムがあれば出来るかも
でもそんなのはとても良いとは思えません。


ほとんどの人がスポットライトを浴びない有象無象の人間でも
自分なりの生きがいなり、やりたいこと、可能性を探っていくのは
今は出来ていなくても理想に向かっているのだとは思います。

無駄が多かったとしても、理想的な仕事をするよりその方が人間味がある気がします

良い仕事は
あきらめなければ出来る事なのかもしれません。


> 若いなら、自分に合う仕事を見つけるまで探してみるのもいいことだと思います。
> イヤイヤ仕事をしても、きっと続かない…
> そうこうしているうちに、収まるところへ収まるものなのです。
> 世の中、そんなふうに出来ているのですよ。
> きっとね。(*^_^*)

答えはあると言えばあるのかもしれませんが
ないと言えばないものですね。
ホンとケセラセラという感じで
[2018/05/09 00:08] URL | bejita #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://midorijiru.blog.fc2.com/tb.php/1111-e5dd9c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)