ベジ日記
アクセスカウンター



プロフィール

bejita

Author:bejita
めでたやな



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



楊梅の滝
ぶらり滋賀を散策する。
今回は「楊梅の滝」
県下一の落差を誇る滝であるが
あまりアピールするつもりがないのか、大きな?道沿いにも看板一つなく
ナビの指示通りに進むしかない。(ナビには何故か入っている。)
大津市北小松の161号線沿いガソリンスタンドの細い横道を山の方に向かってゆくと登山口までたどり着くのである。
たどり着くまで激坂が続き、途中に大津市比良げんき村(滋賀県立比良山岳センター)がある。
名前は老人ホームみたいだが、天体観測施設、スポーツクライミング等が出来るらしい。


DSC01294.jpg
登山口付近。
工事中で車が止まっており、登る前にまったく気づかず降りてきたときに発覚したのだが
登山届けが有ります。

工事は何の工事かといえば滝へと向かう近道が通行止めになっている。
道が土砂で埋まり水が流れている。

仕方がないので迂回路を通る。
地図上では近いので全然登らずにたどり着けるもんだと思ってセーターにデッキシューズというナリで来てしまった。
登ったり降りたり約15分ほどでたどり着いた。


DSC01295.jpg
楊梅の滝
予想していたよりも大きい大きい滝だ。
キレイだ・・・かなり素敵だ。

前に一度だけ行った岐阜の養老の滝よりもいい。(個人的見解)
養老の滝は観光地化されすぎているからな。


DSC01320.jpg
滝のすぐそばに看板を発見。
落差40mとはかなりのもんだ。

それにしても滋賀ではなく兵庫登山会か


DSC01305.jpg
滝の近くで

滝つぼはあまり大きくないので結構近寄れたりする。


DSC01309.jpg
一部紅葉しているが全て赤く染まった時は相当綺麗なのだろう。



DSC01326.jpg
滝つぼ。

しばらく眺めていたので
そろそろ場所を移動する。

どうやら滝の上にも上がれる道があるようだ。
木にかけられたロープを伝い急斜面を登る。


DSC01354.jpg

道を登りきった所に岩が出ている。
距離的に滝も近そうだ。
登れそうなので岩に登ってみる。


DSC01343.jpg
ギャー。
怖い。高所恐怖症ではないが怖くて立てない。
風も台風の如き勢いで立ってしまうと体ごともっていかれそうだ。


DSC01379.jpg
でも目が覚めるように綺麗だ。心臓はバクバクいってるけど



滝の上に向かおうとするが、ロープが張ってありほぼ垂直に落ちている。
道じゃない。

なんとか降りて滝へと向かう。

DSC01363.jpg
滝上

上から見るとやはりかなりの落差である。
オソロシイ。




DSC01391.jpg
帰り道に「雌滝」の看板があったので行ってみる。
比べると小さいが立派な滝である。

そして
どうやらここにさっき通行止めだった道が繋がっているようだ。

山道に戻り、車まで歩く。
車に乗り込むが、時計を見れば
帰るには中途半端な時間帯である。
この辺で寄る所といえば・・・高島にも確か有名な滝があるが
少し遠いので、有名だが今まで行ったことがなかった堅田の海門山満月寺へ


DSC01432.jpg
海門山満月寺
このお寺の「浮御堂」は近江八景の一つにも描かれる「堅田の落雁」のお堂である。

料金大人300円。


DSC01420.jpg
浮御堂
このお寺は「浮御堂」がまさにメイン
他に見て回るような場所はあまりない。

それはそれでよい。
本来は一般人は参拝が目的なのだ。お寺だもの。


DSC01413.jpg
浮御堂から1
北側

DSC01403.jpg
浮御堂から2
東側

DSC01419.jpg
浮御堂3
西側


DSC01427.jpg

写真を撮りに来る人も数知れず。

近江八景は現在、観れる場所観れない場所がある。
現在でもその「観れる場所」のひとつとして貴重なお寺である。


帰り道、ABSマートにてトレッキングシューズを真面目に買おうか長考した。

スポンサーサイト