ベジ日記
アクセスカウンター



プロフィール

bejita

Author:bejita
めでたやな



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



レンタル観映画
最近あまり映画を観れていないが
前に某東京の方に勧められていた「メンフィス・ベル」(成瀬幹夫は観れず)
細田守だけに気になっていた「おおかみこどもの雨と雪」
なぜか少し気になっていた「ジンジャーデッドマン サイテー絶叫計画」
そのうち観ようと思っていた「アイアンスカイ」を観た

メンフィスベルは最初の墜落シーンからテキトーな軍人まで含めてなかなかぐっと来る映画であった。
(映画の途中で寝てしまい後日また見返したが)戦争映画はまだまだ観れていない



おおかみこどもはトレーラーで想像していたよりも面白く、流石は細田守だと思った作品であった。
狼子供の成長&母性雰囲気映画。ラストまで観れば結構ぐっと来る映画だと思う。
だけども自分の中での観た時の衝撃は「ももへの手紙」を超える物ではなかった。

トレーラーの時点で獣姦だと言っていた某お方の発言どおり獣姦で驚いた。
さらに映画の途中で、主婦売春すればいいのに と言った時は、この映画でそんなことを素で言えるのはこの人だけだろうと思った。
これからもドン引きされるまま変わらないで欲しいように思う。



「ジンジャーデッドマン」は気になりはしていたものの観ようという所まで行かず
観る事はないと思っていたが万物想像房店主さんが少し気になると言う事で見てみることになった。
一作目は見つからず、適当に借りたサイテー絶叫計画は三作目だったのでジンジャーデッドマンの中では面白い方なのつまらない方なのかは謎だけれど、可もなく非もなく特に面白くはなかったです。


アイアンスカイは思ったより駄目映画で、吹き替えが下手なのか、字幕が下手なのか、元々駄目なのか分からないが駄目だった。
関係あるのかないのか作ったドーナツもさつまいものお菓子も酸っぱく感じた。



スポンサーサイト